プログラマー体験談

効率の悪いことはしない。上司を無視した結果

投稿日:

かかって今回

どうも、社会不適合者のくさおです。

就職して2日目の話をしていこう。

出社初日に、わけわからんコンサルのおやじとやりあったんだが(前回の記事参照)、次の日がもっと最悪だった。

君、ちょっといい?

何でしょうか?

昨日の勉強会で何を学んだのか教えてもらっていいですか?

エクセルの操作方法やワードの使い方を…

○○さん(コンサル)には何を学びましたか?

何も学んでいません

何のために勉強会をしてると思いますか?

…わかりません。

○○さんに学んだ事を資料にまとめてください。

学んだことは何もないのでそのまま帰った。

もちろん提出もしていない。

私は無駄なことはしない!!

入社2日目の私はこう考えていた。

プログラマーは効率的に生きてこそセンスが磨かれる。

案の定、次の日上司から呼び出しを食らった。

昨日社長から言われてた資料は?

作成していません

なんで?

コンサルに学んだことがないので何も書くことがありません 。

今日中に書いてね

私はその日も資料を作成せずに帰った。

私のあだ名はカオスになった。

2年たった今でもカオスと呼ばれている。

初めて会った人も、後輩も私の事をカオスと呼んでいるのだ…

入社してすぐ、ニックネームを付けてもらう事に成功したのである。

しかもカオスって地味に気に入っている。

そもそもプログラマーが意味のないことをやれって押し付けるのは私のイメージと違うし、そんな事をやれという非効率な人間がいることがありえないと思った。

で、次の日は何したかって…

パワポでひたすら資料作らされたよ…。

まじカオス

-プログラマー体験談

Copyright© 中卒の引きこもりがプログラマーになる , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.